2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
いいところ 2016-12-12

せっかくなので、なんで自分が、取り付けるのが

くそめんどくさいviperをつけたかというお話を少々。

まずセキュリティーは正直必要ありませぬでしたw

ただし、メインで使いたいリモートエンジンスターターのために

わざわざviperをつけてみたのでやんす。

ご存じのように、MT車でリモコンスタートつけようと思うと、

まずお店では断られます。なぜかって単純。

危ないから。

ギアが入ったままリモートでクランキングさせて、無人でロケットダッシュ!

アボン!っていう事故が多発したと言われておりますな。

実際何も考えないでつけると、ホントに危険おもう(^q^)

だって人間ってミスする生き物だからw

普段ニュートラルで停める人も、何かの拍子でギアいれて停めたりするんですよ。

とまあ前置きはこのぐらいにして、何故viperをつけたか。

viperはセキュリティーがメインなので、ありとあらゆる信号を

繋いでるのでござるよ。そのため、ヒューマンエラーがあっても、

リモートスタートできなくしてくれるという、素晴らしい

機能があるのでござる。

ただしもちろん100%じゃありませぬ。それこそ、ファイナルデッド

シリーズばりの不運が起きれば、事故が起きるかもしれませんが、

わざとやらなければ歩いててひかれるぐらいの確率でしょうw

まずviperのリモートスタートは降りるときから始まってます。

簡単にいうと、ターボタイマーが効く状態じゃないと、

エラーでリモートがききません。

ターボタイマーがきくということは、必ず車はNなのです。

ただし、これだけだと、エンジン停止したあとイタズラなどで車に侵入されて、

音もなくギアを入れられるというイタズラをされるとアウツ!

そうなのですviperはここでも、安全策を練ってあります。

まずエンジンスターター使う前にドアを一回でも開けると、

リモートスタートできまへん。

そして、ブレーキを踏んだりしても、リモートスタートできまへん。

さらに、ボンネット開いたりしてもリモートエンジンスタートできまへん。

とこんな感じでIFを潰してくれるのですよ。

ここまでくれば、あとは事故で考えられるといったら、

リモートスタートできる状態で、ドアもあけずに中に侵入されて、ギアを入れられるか、

ファイナルデッドばりに、奇跡がおきて、勝手にギヤが入るぐらいしか、

可能性はないのですw

ということで、viperのリモートスタートは安心して使えるというわけでごわす。

ただし!! ただしですよ! これは設定をMTモードにした場合の話!

もちろんATでも使えるのですが、ATはこんなめんどくさいことしなくても、

するっとエンジンかかっちゃいます。そして本体のAT設定も簡単にできちゃいます。

そうなると、MT車にとってただの危険なリモートスターターとかわらないので、

注意せねばなりません。

ちなみに、市販のエンジンスターターもつけるだけだったら、簡単に

MT車につきます。

ただし安全に運用するというのは無理だとおもいます。

それこそ、いろいろ加工して、安全策を練った上でつける人なら

かまわないと思いますが、なんの考えなしにやってはいけない一品

だとおもいますですぜ。

ということで、もし、MTにリモスタつけたかったら、

VIPER自分でつけるのオススメでござりますw

なぜDIYかって、工賃が高いからだあああああ

ということで、普通のリモスタはMT車につけるのはやめましょうという話でしたw


コメント非表示
TrackBackURL↓
http://hikikomorinikki.blog81.fc2.com/tb.php/1480-f9291d25